スポンサーリンク

ダイエットするならカロリーコントロールは重要ですよね


ちょっと前に流行った国立病院ダイエット

御存知ですか?



国立病院ダイエットは、

主にゆで卵とグレープフルーツを取り入れたメニューで

1日の摂取カロリーが極端に低くなり、

短期間で太りにくい体質に改善するという方法らしいですが



しかし、この方法は、2週間の短期ダイエットで

2週間の継続も危険ですから

長期的に継続するのは無謀としか思えません。



最新国立病院ダイエットというのもあるようですが

1日の摂取カロリーが1200kcal程度に抑え

国立病院ダイエットよりも食品の数も増えているようで

2週間の期限は無いようですが、やはりおすすめできません。



偏った栄養、極端なエネルギー不足では

ダイエットは、成功しません

適度のエネルギーとバランスの良い栄養を

摂取することを心がけましょう。



溜まった脂肪を燃焼するのにカロリーコントロールは、

重要ですが、カロリーコントロールだけで体重を落とす

のではなく筋肉を鍛えて筋肉量を維持または、増やし

脂肪だけを減らすようにしましょう。



低カロリーだけのダイエットは、体重が減ったとしても

筋肉が減り体脂肪は変わらず、筋肉量が減ったことで

基礎代謝量が低下し太りやすい体質になってしまうのです。



このようなダイエット続けて目標体重になったからといって

適正カロリーの食事した途端リバンウドしてしまうでしょう



お肌の様子や体調に注意しながら、

カロリーコントロールをしましょう。



適度の運動とカロリーコントロールの

ダイエットを続けていくと

体重があまり減らない停滞期が来ます。



痩せないな〜と不安になるかもしれませんが、

体脂肪の量が減っていれば、ダイエットは成功しています。



ただカロリーだけをコントロールするのではなく、

栄養バランスの良いカロリーコントロールをしましょう。


痩せるための知識と方法、手に入れませんか?
   ↓

現役外科医が教える!!医学に基づいたダイエット手法






posted by ふわり猫 at 2013年09月11日 | Comment(0) | ダイエット 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。